ベルギーのフラワーアレンジメントとの出会い

a0157813_12554299.jpg
この本が私のベルギーのフラワーアレンジメントとの
決定的な出会いと言える一冊です。

世界的なフローリスト
Moniek Vanden Berghe
ウェディングフラワーのデザイン。

シンプルながら個性的で完成度の高いベースに
アレンジされた花々が
美しく輝いています。

また、或るフラワー雑誌に載っていた
彼女の家の周りの風景が
あまりにも美しかったので
是非一度訪問してみたい!
追っかけと化して
訪問すること3回!

最初の訪問時のBlogはこちら→

ここ登場するHさんこそが
「晴子さん」なのです。

2010年だったんですね〜
フランス・スペイン・ベルギー・ドイツに行ってる!
一ヶ月ヨーロッパにいて
この時の旅行で友達も何人も出来た!
私の人生に大きな影響を与えた旅でした。

こうして今年は晴子さんと一緒にイベントを開催できるなんて
あの頃には想像もしなかったことです。

ヨーロッパ各国のフラワーアレンジメントを見てきましたが、
それぞれに特徴があって魅力的

フランスの色使い
イギリスのナチュラルなクラシックさ

ドイツの構造的なデザイン
デンマークは構造的でも自然さが強くなります。

それに対して
ベルギーのデザインも
手工業的なベース作りと花の組み合わせが多いのですが
ドイツに比べて女性的でモダンな
印象を受けるデザインが多い。

今回場所をお借りする
eelのヴィンテージ家具は
イングランドの1960年代が中心。
ミッドセンチュリーのデザインに
ベルギーのフラワーアレンジは
ぴったりなんです。

この機会にベルギーのフラワーデザインに触れ
花の美の新しい可能性を感じてみて下さい。

a0157813_02240251.jpg
a0157813_02243160.jpg
※画像は晴子さんの作品です。

by htadenum | 2016-05-17 02:28 | fleur

Hideka TADENUMA 福岡・薬院フラワーアレンジメント教室


by htadenum
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る